array(5) { ["breadcrumb"]=> bool(true) ["single_post_title"]=> bool(true) ["eyecatch_entry_top"]=> bool(false) ["eyecatch_header"]=> bool(false) ["header_bar_transparent"]=> bool(false) }

PROP FUKUOKA FC

9/20(日)U14/13 NSフェスティバル  2日目

フェスティバル2日目。
昨日の疲れもあるだろうが、少し初日とメンバーを組み替えて試合に臨みました。

試合結果
・得点者【アシスト】

①PROP 0 vs 2 フクオカーナ A

②PROP 0 vs 4 ラパシオン

③PROP 3 vs 4 New Style
・コウダイ【ソウスケ】
・シュンスケ【(橋本)タクマ】
・シュンスケ

1試合目のあとに彼らに伝えたが、『 自分の価値を高めようとしているか? 』と説いた。

チームや社会は生き物だから、月日が変わるとメンバーも変わっていく。

昨日トップチームにも伝えたが、『 〇〇がいなかったら○○が出来ない・勝てない。』というのは一人の人間や選手に依存している事になる。

では、メンバーが変わってもチームのパフォーマンスを下げない為には、『 1人1人が個として成長するしかない 』のである。

1日目にあるメンバーの子が、SBでかなり苦しんでいた。でも、決して悪い失敗ばかりではない。
・相手との距離の詰め方
・何をさせないか
・切り方やポジショニング

小さいながらも必死に3年生のSBに追いつく姿が観えた。

また、足首の痛さに悩むOFが遂に足が攣るくらい仕掛けの連続を3試合目に魅せていた。

自分の価値を高める為に、もがき苦しむメンバーがいる一方で『 ブレーキ 』を早く駆ける選手もいる。
このブレーキが私は支部メンバーの数人の成長を邪魔しているように感じる(;^ω^)
イイ物があるのに、、、。

私は出来る事なら全員が同じぐらいのレベルアップをして欲しいと願うし、試合に出してあげたい気持ちもある。
だが、『 甘やかす 』事は一切する必要はないと思う!!

・競争が自らを育て、悔しい気持ちや恥をかく事で、人は伸びていくからだ。

大人しかった35番が、素晴らしい失点後仲間に鼓舞していた。
『 負けているなら、それ以上の声を出せ!! 』決して自ら発する選手ではなかったが、確実に自分を磨いている。

県リーグやU14新人戦はそこまで来ている。自らを奮い立たせもっと自分の価値を上げれるように頑張ろう( `ー´)ノ

ベスト8で負けた日から1年、、、。 何も出来なったあの日を忘れないように。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE